年間行事

11月 親鸞聖人・報恩講法要

11月15日(火)~16日(水)

講師:安方 哲爾  師(大阪府貝塚市・正満寺)

昼席/13:30~15:30(15・16日)


浄土真宗のお寺は、この報恩講法要を特に大切にお勤めいたします。報恩講法要は、宗祖・親鸞聖人の遺徳をたたえ、その恩に報ずる法要です。親鸞聖人は、阿弥陀如来の本願(『必ず救う、われにまかせよ。お浄土に生まれさせ、仏にならしめん』)の教えを明らかにされ、その九十年のご生涯を、お念仏『南無阿弥陀仏』の道ひとすじに歩まれました。今ここに、私たちが、浄土真宗の“救いのよろこび”にあえたことも、親鸞聖人のご苦労のたまものであります。
浄土真宗では、お聴聞(法話を聞く)を大切にします。どうぞお寺の本堂で、親鸞聖人のご苦労を偲び、親鸞聖人が明らかにされた阿弥陀さまの、お心をご一緒にお聞かせいただきましょう。